LunchSession(ランチセッション)

ランチで繋がる企業と人の“美味しい”プラットフォーム

お問い合わせはこちら

サービス概要

内容
ランチセッションとは?
Lunch Sessionは御社に興味を持つ社外の方々と御社の社員・メンバーを
ランチで繋ぐあたらしいコミュニケーションの仕組みです。
御社に興味をもつ人なら誰でも利用可能。
Lunch Sessionサイト経由で御社の社員・メンバーを指定して一緒にランチすることができます。
主な対象者
経営者、役員等の経営層、管理職、現場のリーダー、人事担当者
ランチで繋がる企業と人の 美味しい”プラットフォーム
Lunch Session

『ランチセッション』は、企業が人と出会う場を作り出す新しい場(プラットフォーム)を生み出すことができる独自の制度です。

ランチセッション制度を導入された企業様は、
lunchSession専用のWEBサイトでその企業内で活躍するメンバーをご紹介いただきます。※企業様コーポレートサイトやリクルートサイトからlunchSession専用WEB
サイトには必ずリンクを貼ってください。


企業に興味を持った方はだれでもlunchSessionサイト経由で一緒にランチしたいメンバーを指定してランチすることができます。
もちろん双方のランチ代は企業が負担します。

『ランチセッション』制度の目的は「採用活動」における接点創出とタレントプール作りのほか、「営業活動」における人脈形成や企業理解の促進や「広報活動」における口コミ創出や話題作りにも効果を期待できます。
 
 

リクルート・採用活動の母集団形成

御社に採用応募を検討する人材が、御社の雰囲気や業務内容などを実際に働く社員に気軽に聞くことができます。エントリー前に企業理解や応募動機を高めることに効果的です。

 

営業・PR活動などの人脈拡大

御社のサービス・商材に興味をもった企業担当者や連携・協業の可能性を探りたい外部パートナーなど、新規取引先につながる接点をランチセッションで生み出すことができます。

 

社員・メンバーの組織エンゲージメント強化

社員がランチセッションを通じて自社のサービスを紹介し、御社に興味をもつ方々からの質問に答えることで、御社の魅力やブランドを再認識し、より強く愛社意識を熟成することに役立ちます。

 

 

ランチセッションの公式ルール

  1. 必ずマンツーマンで実施しましょう。
  2. ランチ代(2名分)は会社負担としましょう。
  3. 利用時は必ず一度来社してもらい、会社紹介を15分~30分程度行いましょう。
  4. 行くお店は会社周辺のお店でひとり1,000円くらいを予算の目安としましょう。
  5. 指名されたメンバーは、ざっくばらんに本音でお話ししましょう。
  6. 基本的にはどなたでも受け付けることは可能ですが、営業や勧誘目的だけのオファーはお断りすることにしましょう。
  7. 時には基本的にどんな話題でも構いませんが、愚痴や特定の人物を攻撃するような会話は慎んで楽しい時間を過ごしましょう。
  8. 概ね60分程度の昼食休憩時間に設定しましょう。
  9. 会話内容などの概略は会社に報告しましょう。
  10. 基本的に1名につき1回限りの利用を原則としましょう。
 

導入費用

ランチセッション導入サポート 導入時に10万円のみ

  • 導入サポート(社内導入説明会)
  • サーバー開設&初年度(次年度以降年額3.6万円)
  • CMS操作マニュアル(レクチャー&メールサポート)

詳しくはこちら≫

お問い合わせはこちら

一覧に戻る